田園調布学園大学 みらいこども園

ホーム > 教育の特色 > みらいこども園が願う子ども

教育の特色

みらいこども園が願う子どもの姿・・・私達が大切にしたいこと

大人の愛情に包まれて安心して育つ子ども

子どもたちが大人の愛情に包まれ、安心して過ごして欲しいと願っています。愛情に包まれて安心して過ごすことで、自分の思いを素直にありのままに表現し、その子らしい個性を発揮していきます。乳幼児期に大人の愛情をしっかり感じながら育つことが、将来の人格形成に大きな影響を与えると考えます。
みらいこども園では、職員と保護者、地域の皆様で子どもたち一人一人をしっかりと受け止め、たくさんの愛情を注いで育てていきます。

☆具体的な内容
〇保育者が常に子どもの気持ちに寄り添い、明るい笑顔で保育を行なうことで、園児一人一人が自分らしさを発揮しながら園生活を楽しく送ります。
○一人一人の発達に即した生活習慣(衣服の着脱・食事・排泄など)の自立を促し、自分で出来ることが増えていきます。
○一人一人の子どもの心身の健康状態を保育者全員で把握し、さらに看護師が対応することで、安心して園生活が送れます。
○保育参観や行事を通して、子どもたちの様子を園と家庭で共有し、子どもの成長を支えます。

心も体も弾ませてすこやかに育つ子ども

子どもたちが生きる力をつけ、生涯にわたり豊かな人生が送れるようにと願っています。生きる力をつけるために、一番大切なこと、それは、自分の好きなことを見つけて夢中になって遊ぶことです。豊かな心、思いやり、意欲、好奇心、忍耐、社会性など、人生に必要なことは遊びを通して育っていきます。
みらいこども園では、発達や興味・関心に基づいた環境を整え、専門性を身につけた保育者が、きめ細な援助、指導を行い、心と体を思う存分に使って遊びを楽しく充実させていきます。

☆具体的な内容
○広い遊戯室や園庭での遊び、また散歩に出かけるなど身体を十分動かしてのびのびと遊びます。様々な体験が全身のバランスを養い、しなやかな体を作ります。
○身近な自然(季節の草花、ザリガニ、カブトムシ、ダンゴムシなど)に触れて興味や関心を深めます。また、栽培活動(夏野菜、畑でのジャガイモ等)を通して、収穫する喜び・調理する楽しさを体験します。
○土や砂、水、廃材など身近な素材を使って遊ぶ楽しさを十分味わいながら、好奇心を育み、創造力、表現力などを高めていきます。
〇音楽鑑賞会や人形劇鑑賞会、移動動物園で動物に直接触れるなど実際に体験することにより、豊かな心情が育まれます。
○栄養士や保育者の指導のもと、好き嫌いなく進んで食事が取れるよう導きます。4・5歳児では、ランチルームでのバイキング形式を取り入れるなど、毎日楽しい雰囲気の中で食事をします。

人とかかわる楽しさを感じながら育つ子ども

子どもたちに、人への信頼感や思いやりの心をもち、互いに尊重しながら人と生きることの楽しさや大切さを感じて欲しいと願っています。いろいろな人とかかわり、楽しさや喜び、時にはつらさや悔しさなど様々な体験をすることが、乳幼児期にはとても大事な学習となります。
みらいこども園では、同じ年の友達、年齢の異なった友達との遊びの充実、そして、保育者、保護者、地域の方々などと触れ合う機会を設け、子どもたちにとって、多くの人との出会いが学びの場となるようにしていきます。

☆具体的な内容
〇友だちとかかわって遊ぶ中で、おもちゃの取り合いや気持ちのぶつかり合いを経験し、自分の思いを相手に伝えたり、相手の思いに気付いたりするなど、人とのかかわり方を学びます。
〇大型積み木や組立遊具などを使って、友だちと一緒に遊ぶ中で、工夫したり、協力したりすることを学びます。
〇園生活の中で、良いことや悪いこと、決まりの大切さなどに気付き、自分で考えながら行動することを学びます。
〇新城小学校の児童と日常的に交流活動を行ない、小学校に憧れや親しみを持つことができます。
○新城高等学校の生徒や田園調布学園大学の学生と触れ合い、通常の生活と異なる楽しさや喜びを感じることができます。