田園調布学園大学 みらいこども園

ホーム > 園での体験 > トピックス

園での体験

トピックス

2018/10/25 園での風景

たくさん掘ったよ!

 心地よい秋空の下、園の畑でさつま芋堀をしました。6月に子ども達が畝を作り、植えた苗が、どんなお芋になっているか・・・期待が膨らみます。にじ組(5歳児)が、長く伸びた弦を力いっぱい引っ張ると、様々な形と大きさのお芋が出てきて、「ぉお~っ!」と子ども達の歓声が響きます。そら組(4歳児)ほし組(3歳児)も畑に入り、手も顔も土で真っ黒になりながら、お芋を探して掘り続けていました。乳児クラスの子どもも、さつま芋や弦、土に触れて遊んでいます。土の中から顔を見せた虫に目を輝かせ、手に取る子どももいました。お芋の大きさを比べたり、計量器にのせて重さを測ったりもしました。にじ組が数えたさつま芋は、全部で246個あり、一番大きなお芋は、1100g小さなお芋は1gでした。さて、このさつま芋をどんな風にして食べようかと考え中の子ども達です!

<戻る